GTのポテンシャル

A45AMGの2L職列4気筒エンジンに由来するシリンダーブロックをV字に配置したV8化したとも
噂されたが、技術的なアプローチは非常に個性的だ。ホットインサイドVと呼ばれるように、排気量系を

Vバンクセンターに配置してターボチャージャーもそこへ備え、通常排気マニホールドの置かれるVバンク
外側に吸気マニホールドがあるのだ。これにより重量パーツ位置のセンター化とターボチャージャーの
効率的作動が可能になるという。いっぽう、変速をつかさどるトランスミッションはリヤアスクルに
配置するトランスアスクル方式をSLSから継承している。注目のAMG GTにインプレッションした
例がある。インテリアのつくりはメルセデスの流儀に、極めて質感が高くかつ実用的だ。V8エンジンを
モチーフにデザインされたというセンターコンソールには左右に8つのスイッチがレイアウトされ、走行
モードの切り替えやエンジンとトランスミッションの電子制御ロジックをコントロールできる。

三菱自動車 値引き

お気に入り